ヨガ人口とマインドフルネス体験者の増加

こんにちは。まなびやアカデミーの明石です。
1ヶ月前にスタートしたマインドフルネストレーナー養成講座の第5期。
これまでとはちょっと違った傾向がありました。

参加者の半分以上がマインドフルネス体験者

これまでの参加者の中には、マインドフルネスを知っているけれど
未体験という方も多くおられました。
本やテレビなどで見たことはあるけれど、実際にはしたことがないという状態です。

それが、今回スタートした5期では約2/3の方がマインドフルネス体験者。
実際にマインドフルネスをしてみてよかったので理解を深めたいという方がとても増えました。
それだけマインドフルネスが広まっていて、体験できる場が多くなったということですね。

 

米国の調査:ヨガをした人2240万人、瞑想した人は5年で3倍

さて、アメリカではヨガや瞑想を行っている人が、ここ5年で急増しています。

2012年の第3回調査と2017年の第4回調査の結果を比較したところ、過去12ヶ月にヨガを行った米国成人の割合は、2012年時点の9.5%から2017年に14.3%まで増え、その規模は2240万人にのぼるとみられている。また、瞑想を行った米国成人は、2012年時点の4.1%から2017年には14.2%と、およそ3倍増えた。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/2240.php

瞑想をしたことがある人が3倍に増えた背景には、それだけ精神的な安定を求める人が多いということでしょう。
アメリカではご存知の通り、マインドフルネスは企業への浸透が進んでいます。
グーグル、アップル、アメリカ・オンラインといったトップ企業では、エグゼクティブだけでなく、一般の社員向けにマインドフルネス講座を実施してます。そういった背景からも瞑想をしたことがある人が増えているのかもしれません。
日本でも研修で取り入れる企業も増えていますし、実際に我々も今年は企業研修をさせて頂く機会が増えそうです。

 

日本のヨガ人口は700万人以上に

セブン&アイ出版の「日本のヨガマーケット調査2017」によると、日本のヨガ人口は、月に1回以上行っている人が約590万人、年1回以上の実施者は約770万人と推定。
https://www.7andi-pub.co.jp/pdf/2017/20170307_sevenandi_yoga.pdf))

先述のアメリカの調査方法とは異なりますが、日本でもヨガをする人が確実に増えています。
日本のヨガ人口は、毎年新たに始める人が100万人のペースで増えているので、2020年には1000万人を超えると言われています。

私もヨガ実践者で、10年前の2008年に始めました。
当時、「ヨガ合宿に行く」と会社の上司に言ったときに真顔で心配されたのを思い出します(笑)
ヨガの認知度やイメージは大きく変化しましたね!同様に、瞑想に対しての変化も実感しています。

マインドフルネスを体験したことがある人は、今はまだヨガと比較すると少ないですが、今後は大きく広がっていく可能性が高いと思われます。

ヨガにせよ、マインドフルネスにせよ、瞑想にせよ、
体と心を調えて健やかに、そして自分らしく生きる人が増えていくことを願ってます。

 

=========================

マインドフルネストレーナー養成講座、企業研修のお問い合わせは下記からお願い致します。
info@manabiya.academy